izumikai social welfare corporation

福祉・介護職員等特定処遇改善加算

福祉・介護職員等特定処遇改善加算に基づく取り組みについて(見える化)

福祉・介護職員等特定処遇改善加算とは

 2019年10月から消費税率引き上げに伴う増収分を財源として、職員の確保・定着につなげていくため、現行の処遇改善加算に加え、特定処遇改善加算を創設し、経験・技能のある障害福祉人材に重点化しつつ、職員のさらなる処遇改善をおこなうとともに、障害福祉人材のさらなる処遇改善という趣旨を損なわない程度において、一定程度他の職種の処遇改善もおこなうことができる柔軟な運用をもとめることとした制度です。

特定加算の算定要件(いずみ会の取り組み)

①現行加算のうち(Ⅰ)~(Ⅲ)のいずれかを算定していること。

 現行の処遇改善加算  福祉・介護職員処遇改善加算Ⅰを取得

②職場環境要件について、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分で、それぞれ1つ以上取り組んでいること

資質の向上
  • 実務者研修受講費用支援 、 強度行動障害支援者養成研修、サービス管理責任者研修等の受講支援
  • 「社会福祉法人いずみ会 人事考課要綱」および「社会福祉法人いずみ会 職能資格等級要綱」の制定
労働環境・処遇の改善 
  • ジョブコーチ ( 新人指導担当者 )制度等の導入
  • ケース記録、申し送りファイル(エクセル)、連絡網(SNS)等の活用による情報共有、記録の電子化による業務負担軽減
  • 「社会福祉法人いずみ会 育児・介護休業等に関する規程」に対応した育児・介護休業制度
  • 各種会議や各委員会による職場内ミーティングの実施
  • 危機管理委員会(リスクマネジメント・倫理綱領・身体拘束防止)・生活向上委員会の運営やマニュアルの整備
  • 生活習慣病健診、ストレスチェックの実施
  • 全館禁煙、敷地内に分煙スペースを設置
その他
  • 申し送りファイル内で、「基本理念」「支援方針」「社会福祉法人いずみ会 職員倫理綱領」「社会福祉法人いずみ会 行動規範」を周知し、朝礼にて唱和し、共有を図る
  • 他産業からの転職者、主婦層、中高年齢者等の雇用による勤務シフトの配慮
  • 短時間パートタイマ―の職員増員による業務負担の軽減

③見える化要件を満たすこと。(令和2年度より必須)

  • このホームページによる周知

〒299-0205 千葉県袖ケ浦市上泉1767-21 TEL 0438-75-4585

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人いずみ会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.